横須賀市のファイナンシャルプランナーオフィスまみぃです。あなたの保険や相続、税金、資金などお金に関するお悩みを解決致します。

オフィス まみぃ [神奈川県横須賀市] お電話でのお問い合わせ
ホーム 事務所案内 業務内容 よくある相談 お問い合わせ

お問い合わせ

2019/03/25

3月の銀行口座引き落としの保険料に注意しましょう!

3月27日に銀行口座引き落としの保険料は確実に引き落としされるようにしてください。

保険料は2か月引き落としができないと失効(保険の効力がなくなること)してしまいます。

そのため、通常は1か月引き落としできないと翌月2か月分が引き落としされ、最悪引き落としができない場合は月末までになんとか入金することができれば、失効を免れることができます。

 

今年は、10連休となったため、注意が必要になります。

3月27日に引き落としができなかった場合の次回引き落としが4月27日が土曜日のため、5月7日となってしまいます。

つまり、翌月になってしまうので失効を免れなくなってしまいます。

保険会社によっては、5月7日に引き落としができれば4月27日に引き落とされたとしてくれる会社もあるようですが、そのつもりでいるのは危険です。

3月27日以降5月6日までが引き落とし予定のものが、すべて5月7日に集中しますので、先に他の引き落としがされたことにより、予定していたものが残高不足で引き落とせないということもあるでしょう。

連休中にお金が足りなくなって、銀行からお金をおろしてしまう可能性もあります。

 

3月27日の引き落としは、確実に引き落としできるようにしておくことが大切です。

少し余裕をもって銀行口座にお金を入れておくといいですね。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
オフィス まみぃ
http://www.office-mami.jp/
住所:神奈川県横須賀市汐入町2-44-1 汐入エスハイツ 401号室
TEL:080-2203-7154
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2019/03/03

ファイナンシャルプランナーの役割

日本FP協会「FPジャーナル」2月号で、「FPに最も重要な役割はリーダ―」という特集が掲載されていました。

その中で、「ファイナンシャル・ライフ・プランニングを提供するFPの特質」というのがあげられていました。

 

例えば、

・適応力がある

・心穏やか

・好奇心旺盛

・共感

・親身

・人を励ます力がある

・人を引き付ける

・物事を進める力がある

・聴く力

・人にやる気を起こさせる

・一方的な判断をしない

・奉仕的

・支援的

・理解力がある   など

 

確かに、ライフプランニングするには重要な要素ですが、あわせてリーダーとなる人にも必要な要素です。

 

ライフプランニングは、ただExcel等に数字をあてはめていくだけでなく、それをもとに改善していく方法を見つけ、導いてあげることが大切です。

そのためには、相談者の性格・癖を見極め、その人にあった方法を提案する。

それぞれの事情があったり、夢があったり・・・いろいろなことを聞くことで、方向性がでてきます。

挫折しそうなときには励まし、やる気にさせることも重要です。

 

より良いFPになるために、ここにあげられている特質を一つ一つ確認することで、自分に備わっている点は伸ばし、まだ備わっていない点は改善していこうと思います。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
オフィス まみぃ
http://www.office-mami.jp/
住所:神奈川県横須賀市汐入町2-44-1 汐入エスハイツ 401号室
TEL:080-2203-7154
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2019/01/31

死亡受取人を未成年者にしていませんか?

生命保険の死亡受取人を未成年者である「子」にしてある契約が多くあります。

事情はさまざまですが、夫婦である親が未成年者である「子」を死亡受取人にしている場合は、どちらかの親権者が手続きできるので問題ありません。

しかし、離婚して子どもを引き取ったひとり親が、自分が万が一のときに子どもにお金を残すことを目的としている保険契約の場合も多いと思います。

 

死亡受取人を未成年者にしている場合、原則未成年者は保険金の請求手続きすることができません。(未成年者であっても、婚姻している場合は成人とみなされ、手続きが可能です。)

この場合、「親権者」または「未成年後見人」が代わりに請求手続きを行います。

円満な離婚をされている場合は、子どものためにと元配偶者が親権者となり手続きすればよいのですが、ギャンブル・借金などの特別な事情で離婚している場合など、元配偶者には登場してほしくないケースもあります。

 

特別な事情で離婚されている場合は、「未成年後見人」をたてる必要があります。

「未成年後見人」とは、未成年者である子どもの代わりに手続きを行い、お金を管理する人です。

「未成年後見人」には、ただ登録すればなれるわけではありません。

家庭裁判所へ申請し、裁判所によって選ばれることで「未成年後見人」になれます。

つまり、死亡保険金を請求する段階で申請をすると、「未成年後見人」が選ばれるまでは保険金の手続きができないため、とても時間がかかってしまいます。

その場合は、遺言書で「未成年後見人」になる人を両親や兄弟姉妹などに指定しておくことにより、未成年者である「子」に代わり、請求手続きをすることができます。

ただし、一度「未成年後見人」になってしまうと、その子が成人するまでの間、ずっとお金を管理するという後見人としての役割をすることになるので、信頼のおける人にしておかないといけません。

 

では、死亡受取人を、最初から両親や兄弟姉妹にしておいた場合はどうでしょうか。

その場合、死亡保険金の請求手続きとしては簡単ですが、「子」がいる場合、両親や兄弟姉妹は法定相続人にはなりませんので、死亡保険金を相続人が受取った場合の非課税枠(500万円×法定相続人数)を使うことはできなくなります。

 

死亡受取人には年齢は関係なく指定することができますが、実際に請求手続きをするときのことも考慮して、死亡受取人を決めることが大切です。また、途中で死亡受取人を変更することも可能です。環境が変わったら、保険の内容にあわせて、受取人等の確認をすることをお勧めします。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
オフィス まみぃ
http://www.office-mami.jp/
住所:神奈川県横須賀市汐入町2-44-1 汐入エスハイツ 401号室
TEL:080-2203-7154
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ブログにて横須賀のファイナンシャルプランナーによるお役立ち情報やセミナー情報をご案内しております

横須賀で一般のご相談者はもちろん同業の方にも人気のオフィス まみぃでは、ブログにて気軽にご参加いただけるセミナーや相談会のご案内をしております。
セミナーは、ファイナンシャルプランナーの資格をお持ちの方や勉強中の方に向けたものもご用意しており、専門知識の実践やご相談に関するノウハウなどをお伝えしております。分かりやすい解説と親身なアドバイスでご好評いただいておりますので、ご興味ある方はぜひご参加ください。
横須賀にあるオフィス まみぃのブログでは、ご相談の多い保険についての豆知識や、相続や確定申告のことなど皆様のお悩み解決に役立つ情報もご提供しております。気になることがございましたら個別にご相談をお伺いしておりますので、お気軽にお問い合わせください。

カテゴリー

メールでのお問い合わせ
お電話でのお問い合わせ
空き状況検索

オフィス まみぃ

http://office-mami.jp/wp-admin/upload.php 【横須賀オフィス】
〒238-0042
神奈川県横須賀市汐入町2-44-1
汐入エスハイツ401


TEL : 080-2203-7154


 

[日本FP協会会員(AFP)]
会員番号 51089003

 
ホーム事務所案内業務内容よくある相談お問い合わせ
Copyright (c) All Rights Reserved. このページの先頭へ