横須賀市のファイナンシャルプランナーオフィスまみぃです。あなたの保険や相続、税金、資金などお金に関するお悩みを解決致します。

オフィス まみぃ [神奈川県横須賀市] お電話でのお問い合わせ
ホーム 事務所案内 業務内容 よくある相談 お問い合わせ

お問い合わせ

2017/11/04

保険改革

2016年に施行された改正保険業法により、「情報提供」「意向把握」が義務化され、いろいろ販売ルールの改善がされましたが、2017年には保険業界を取り巻く環境の変化より、運用面・商品面・販売面における構造改革が起きています。

マイナス金利政策の導入以降、超低金利時代になり、保険会社の資産運用に大きな影響を及ぼしました。
それにより、貯蓄性商品の販売停止、予定利率の引き下げなどが行われ、4月以降の新規契約数が大幅に減少しました。

そんな中、医療情勢や超高齢化社会により、保険商品も変化してきました。
入院日額○○円という医療保険に加え、入院一時金・実費払型の医療保険を販売されました。
ガンに備えるガン保険に加え、三大疾病・五大疾病・七大疾病に備える保険が販売され、保障範囲を増やしてきました。
入院しているときだけでなく、自宅療養中の保障をする給与サポート保険や就業不能保障保険なども、いろいろな保険会社で販売されるようになりました。
一時期販売中止をしていた通院保障特約を、各保険会社がまた復活させてきました。
最近では、当たり前のように、先進医療保障特約が付加されています。

これらの背景には、入院の短期化により通院が多くなり、自宅療養期間が増えてきたことや、先進医療や保険適用外の治療を選択する可能性が多くなったことなどの医療情勢の変化が影響しています。

また、超高齢化社会における長生きのリスクに対応するために、老後資金の不足金を準備する年金や積立、介護資金に充てるための介護一時金や介護年金の保険も多数販売されるようになりました。
以前は80歳まで更新し終了していた定期型の死亡保険・医療保険に加わり、一生涯保障の終身型の死亡保険・医療保険が販売され、さらに持病があっても加入できる引受緩和型の登場してきたのも、現在の環境変化に対応したものです。

この11月で各保険会社が新商品を販売する予定です。
この機会に新しい保険商品に目を向け、現在のご自分の環境にあった内容の保険はどんなものなのかと考えてみるとよいかもしれません。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
オフィス まみぃ
http://www.office-mami.jp/
住所:神奈川県横須賀市船越町5-1-2F
TEL:080-2203-7154
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

カテゴリー

メールでのお問い合わせ
お電話でのお問い合わせ
空き状況検索

オフィス まみぃ

【横須賀オフィス】
〒237-0076
神奈川県横須賀市船越町5-1-2F


【東京オフィス】
〒158-0082
東京都 世田谷区 等々力4-8-3-1F

TEL : 080-2203-7154


【スカイプでの無料相談承っています。】
skype ID :michiyo-watanabe1
※スカイプでの無料相談ご希望の方は お問い合わせページ のメールフォームより希望日時をご連絡下さい。

[日本FP協会会員(AFP)]
会員番号 51089003

 
ホーム事務所案内業務内容よくある相談お問い合わせ
Copyright (c) All Rights Reserved. このページの先頭へ